サーブ

サーブのトスアップ上達法

テニスで難しいとされるものの中で

常に上位にあるのが

サーブのトスアップ

ではないでしょうか

今回はそんなサーブのトスアップについての動画ですが

綺麗事抜きに

感覚を養う練習をするしかないんです

フォームを整えるのも大事です

リズムを整えるのも大事です

でも、

指先の感覚を養わないで上達するっていうのは無いです

逆に、

感覚さえ養えてれば

フォームやリズムなんてどうにでもなっちゃいます

遠くに投げるわけじゃないんで

テクニックも重要じゃありません

感覚を養う練習さえすれば

そこそこ上手く投げれるようになります

時間もかかりません

苦手だと思うなら

専用の練習をまとまった時間行う必要があります

必ず克服できますので

是非試してみてください

←いつもポチッとクリックあざーっす!

こちらも見てね!

未分類

2015/2/19

強くなるという事

強くなるっていうのは 覚悟がいるんです。 強くなるっていうのは 変わるって事なんです。 人ってなかなか変われないです。 強くなるっていうのは 上手くなるのとは違います。 上手くなるっていうのは 気持ち良さが増えるって事なんです。 ナイスショットで気持ち良い 威力を出せて気持ち良い エースを取って気持ち良い いろいろあると思います。 でも その気持ち良さから離れないとダメなんです。 その気持ち良さは中毒になります。 無くてはならないものになっちゃうんです。 相手を苦しめるのが強いテニスです。 自分が気持ち良 ...

Featured Video Play Icon

サーブ スマッシュ バックボレー フォアハンドストローク フォアボレー 両手バックハンドストローク 片手バックハンドストローク 競技性他

2020/12/4

ショットの本質であるタッチを詳しく解説します

「タッチ」って 皆さんもよく使う言葉だと思います でも、 明確な理解をしてる人が少ないんじゃないかなって感じです タッチの話を人から聞く際 「押し具合の加減」 そんなイメージを持ってる事が多いです 半分正解で半分不正解になります 不正解の部分を正せば 正確に理解できると思います タッチって ショットにおいてすごく重要な感覚で フォームを活かすのに必須なんです 仮にフォームが完璧でも(完璧なフォームなんてありませんが) タッチ感覚が悪ければナイスショットを打つのは難しくなります 逆に、 フォームがイマイチな ...

未分類

2015/6/19

サーブのラケットダウンについて

労働者さんよりコメントをいただきました。 こんばんは。バックスィングをしに行った時に、ラケットヘッドがかなり落ちていると、より強い反動を得られると思いますが、ラケットヘッドのダウンの深さについては生徒さんには何も言いませんか?。以前、大学のテニス部の学生さんにラケットヘッドがあまり落ちないうちにボールを打ちに行ってしまうので、聞いてみたら、「ラケットヘッドを落とし過ぎるとボールを捉えるタイミングが難しくなりますよ」と言っていました。ラケットの反動を利用するからあまりラケットヘッドを落とすのは気にしなくてい ...

未分類

2015/4/5

ロブを使った戦術

ロブを使うのって男女問わず大事なんですが 男子でレベルが上がってくると 打ち損じのロブはスマッシュでやられちゃいます。 男子ダブルスではロブを使わないって事じゃないですが 男ダブ用のロブの打ち方、打つ局面の話は後日じっくりやります。 なので 今回は主に女ダブ向けかなと。 今日はロブの話ですが 明日、明後日と話が続きます。 3つの話で1つの戦術になります。 必ず明日明後日アップします・・・たぶん。 youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざ ...

未分類

2015/2/19

投票:ミスの種類 中間発表1

アウトとネットのどっちのミスが多いか 投票いただきありがとうございます。 今のところ3対3の五分になっています。 コメントをいただいたので記事にしました。   コメント1 「昔、市民大会のシングルスでテニスコーチさんと試合をしたんですけどボールがフラット気味でネットすれすれだからネットしやすいと言われました。もっと山なりボールを打て!だそうです」 40代 男性 ネットすれすれだからネットしやすい 確かにその通りだと思います。 ネットから余裕を持った高さに打てれば ネットミスは減らせます。 でも、 ...

-サーブ
-

© 2020 テニスと人を紡ぐ詩 Powered by AFFINGER5