未分類

サーブのラケットダウンについて

労働者さんよりコメントをいただきました。

こんばんは。バックスィングをしに行った時に、ラケットヘッドがかなり落ちていると、より強い反動を得られると思いますが、ラケットヘッドのダウンの深さについては生徒さんには何も言いませんか?。以前、大学のテニス部の学生さんにラケットヘッドがあまり落ちないうちにボールを打ちに行ってしまうので、聞いてみたら、「ラケットヘッドを落とし過ぎるとボールを捉えるタイミングが難しくなりますよ」と言っていました。ラケットの反動を利用するからあまりラケットヘッドを落とすのは気にしなくていいんでしょうか?。

動画にて返答しますね^^

youtubeはこちらから


テニス ブログランキングへ
ポチッとクリックあざーっす!

←いつもポチッとクリックあざーっす!

こちらも見てね!

未分類

2015/6/19

サーブのリズム

youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック サーブのリズムは一定が理想です。 どこかで速くなっちゃう人が多いです。 トスアップもリズム作りに重要な役割を果たしてます。 テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

未分類

2015/2/20

反動を使ったスイング サーブ編

前回はフォアハンドストロークの反動を使ったスイングでしたが 今回はサーブです。 フォアハンドストロークと同じような感じなので ざっくりな説明になってます。 ラケットの先端を打つ方向に向けて 一気にスイング! ラケットの先端を前に向けると手の甲は上を向きます。 youtubeのサイトに行って動画を見るにはこちらをクリック ポチッとあざーっす!

未分類

2015/2/19

投稿:ミスの種類より

投稿のコメントより 左右に振られた時の相手のナイスショットを返球する時はネットが多く、チャンスボールを力んだ時はアウトが多くなります(>人<;) 左右に振られた時 しかもそれがナイスなショットだったら 自分の体勢は悪いです。 体勢が悪いって事は 体を使ってしっかりスイングっていうのは出来ないです。 手打ちになっちゃいます。 手打ちで威力を出そうとしたら こねちゃうんです。 こねると面が下を向きます。 面の向きが変わっちゃうのを 面が暴れるって言います。 下を向くとネットしちゃう確立が増えるんです。 こんな ...

Featured Video Play Icon

未分類

2020/9/12

サーブの打点が低くなる方の練習方法

コメントを頂きました。 パパイヤさんこんにちは! サーブにほんの少し光が見え始めてきた、みっきーです。 まずは、お忙しい中動画解説ありがとうございました。 本当に嬉しいですし、感謝しております。 動画を見てすぐ感じたのが、私の現在のスライスサーブは、回転のかかりやすい方の打ち方だとおもいました。 スピンサーブはまだ程遠いので、左利きをいかす為にも、まずはスライスをマスターしたいと考えています。 パパイヤさん申し訳ありません。また質問なのですが、、、 教えて頂いた2種類のサーブの、肩を出す系をファーストに、 ...

未分類

2015/6/30

練習の為の練習

例えば クロスラリーをしてるとします。 スピンがかかったナイスなボールが打ちたいぜ! そんなナイスなボールを打つ為に一生懸命な感じです。 ナイスなボールが打てたら「ヨッシャー!」ってなるんです。 これって練習の為の練習です。 試合でナイスなボールが打てても ポイントが決まらなきゃ「ヨッシャー!」とはなんないです。 ナイスなボールを打って相手を苦しめて 間髪入れずに更に攻めて 相手に主導権を与えずに決めきる。 そしたら「ヨッシャー!」なんです。 練習中にそれやってますか? なるべく長くラリーが続くように打ち ...

-未分類

© 2021 テニスと人を紡ぐ詩 Powered by AFFINGER5