サーブ スマッシュ バックボレー フォアハンドストローク フォアボレー 両手バックハンドストローク 片手バックハンドストローク 競技性他

ショットの本質であるタッチを詳しく解説します

「タッチ」って

皆さんもよく使う言葉だと思います

でも、

明確な理解をしてる人が少ないんじゃないかなって感じです

タッチの話を人から聞く際

「押し具合の加減」

そんなイメージを持ってる事が多いです

半分正解で半分不正解になります

不正解の部分を正せば

正確に理解できると思います

タッチって

ショットにおいてすごく重要な感覚で

フォームを活かすのに必須なんです

仮にフォームが完璧でも(完璧なフォームなんてありませんが)

タッチ感覚が悪ければナイスショットを打つのは難しくなります

逆に、

フォームがイマイチな感じでも

タッチ感覚が抜群ならナイスなテニスプレーヤーになれるんです

なので、

タッチ感覚を抜群にする為に

タッチとはなんなのか

まずはそこを知る必要があります

知るだけでテニスが変わりますので

是非ご覧ください

 

←いつもポチッとクリックあざーっす!

こちらも見てね!

未分類

2015/7/14

簡単な事・難しい事2:ランニングショットの距離感

走ってボールを追いかける時 何となく走り始めるのは簡単で 一歩目から全力で動くのは難しい。 この辺りをしっかり出来ると打点が一定になるんです。 youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

Featured Video Play Icon

サーブ

2020/11/2

サーブのトスアップ上達法

テニスで難しいとされるものの中で 常に上位にあるのが サーブのトスアップ ではないでしょうか 今回はそんなサーブのトスアップについての動画ですが 綺麗事抜きに 感覚を養う練習をするしかないんです フォームを整えるのも大事です リズムを整えるのも大事です でも、 指先の感覚を養わないで上達するっていうのは無いです 逆に、 感覚さえ養えてれば フォームやリズムなんてどうにでもなっちゃいます 遠くに投げるわけじゃないんで テクニックも重要じゃありません 感覚を養う練習さえすれば そこそこ上手く投げれるようになり ...

未分類

2015/3/26

ダブルスの戦術1

言うのは簡単なんですけど 実際にやるのはなかなか大変です。 この作戦が実行出来るくらいになれば かなりのダブルスプレーヤーになる事間違いなし! 打つべき時に 打つ場所に打つ! まずは打つべき時を見つけるんです。 何となく良いショットを打とうとしてもダメなんです。 チャンスは今しかないんです。 その今を確実にものにするのは 一球目から微調整無しにコントロール出来る技術なんです。 youtubeで視聴する場合はこちらをクリック テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

Featured Video Play Icon

フォアハンドストローク

2020/10/8

フォアストロークでデコピンを最大限活かす左手の使い方

おはようございます! 今日のテーマは ポイント フォアハンドストロークで ・デコピンを活かす左手の使い方 ・ボールとの距離の取り方 ・リズムについての大事な話 この3点になります 基本はデコピンになりますので デコピンをまだ見てない方は、是非確認してください  

Featured Video Play Icon

バックボレー フォアボレー

2020/11/5

初心者にボレーを教えるときの注意点

フォアボレーのグリップを薄く握る これが出来るのが フォアボレーをシンプルにする第一歩になります 最初にボレーを習う際 薄く握るように指導を受けると思います でも、 厚く握った方がやりやすい みたいな 厚い握りで慣れてから直すのは大変なんです なので、 最初から薄い握りで打ちやすいと思わせることが大事になります 初心者に最初に教えるのはストロークになる事が多いです ストロークを教えるのも フォアボレーの握りの壁を低くさせるため っていうのを一番の目的にすると テニスの難しさを軽減させることが出来ます 初心 ...

-サーブ, スマッシュ, バックボレー, フォアハンドストローク, フォアボレー, 両手バックハンドストローク, 片手バックハンドストローク, 競技性他
-,

© 2021 テニスと人を紡ぐ詩 Powered by AFFINGER5