未分類

スピンサーブについて

yjimageZJXZZVGQ

コメントを頂きました

こんばんは。最近になってふと思ったんですけど、スピンサーブってラケットをボールの下から左上にこすり上げるじゃあないですか。ボールを捉える瞬間に厚く当てないと、ボールがバウンド後に伸びて行かないような気がしますが
どうなんでしょうか?。厚く当てすぎるとボールは飛び過ぎるから、その辺りはうまく当たり具合を調整するものなのでしょうか?。テニス雑誌のサービス特集を何冊も読んでも、ボールを下から上にこすり上げるは記載されていますがボールを捉える当たりの強さはどうなんだろう?ボールを厚く捉えれば、スピードも当然増すだろうし。薄いあたりだと、バウンド後は失速するだろうし。その時の状況によって厚く捉えたり、薄く捉えるんでしょか?。

 

こんばんは!

コメントありがとうございます!

スピンサーブについてですが

こすり上げると軌道が高くなります。

軌道が高いからバウンド後高く跳ねます。

そして、

コメントに書いてある通り

厚く当てると勢いが出て飛び過ぎて

薄くすると回転量が増えるが伸びがない。

なら、どうやって当てる強さを決めるのかという事ですが

バランスの良いところを探すんです。

自分が納得するスピードを出した時

サービスボックス内に収まる高さの軌道。

もしくは

自分が納得する跳ねの高さで打った時

サービスボックス内に収まる当たりの厚さ。

軌道とスピードを決めると

当てる厚さが決まってきます。

ちなみに厚く当てて打つなら

当てる瞬間こすり上げるイメージではなくて

スイング軌道はそのままで(こすり上げざるを得ないスイング軌道)

回転量を少なくします。

スピンサーブをガッツリ打つぜ!

っていうフォームでフラットサーブを打つ感じです。

こすり上げる感じだと

ボールに対して上に向かってラケットが抜けていきます。

厚く当てるなら

下からガッツリこすり上げるフォームは変わらず

ボールの上をラケットが打球方向に抜けていきます。

動作をイメージさせる説明になっちゃっといてなんですが

体の動きを意識するんじゃなくて

下から振り上げるフォームで

こすり上げずにフラットに当てる。

こんな感じがいいと思います。

実際やってみて新たな疑問があったら

何度でも質問待ってますね~^^v


テニス ブログランキングへ
ポチッとクリックしていただきありがとうございまーす!

 

←いつもポチッとクリックあざーっす!

こちらも見てね!

Featured Video Play Icon

サーブ バックボレー フォアハンドストローク フォアボレー 両手バックハンドストローク 片手バックハンドストローク

2020/10/15

回転量を上げるために知っておきべきこと

ラケットにはスイートエリアと呼ばれる飛びが良い場所があります ラケットの性能が出るところです そこを外すとラケットの性能が出ないので スイートエリアを正確に知っておく必要があります スイートエリアには更にピンポイントにボールをコントロールできる場所があるんです そこをスイートスポットとかって言います 今回の動画は ラケットの縦軸的にスイートスポットはどこか という話です 縦軸的にはど真ん中で打つのではなく 少しずらしたところで打ちます 一番適したところで当てると 飛びと回転量が段違いです スイートエリア内 ...

no image

未分類

2015/4/14

脱力について

テニスで脱力するっていうのは ナイスショットで上手に打つ為のもので 僕が脱力を必要ないって言うのは 勝つ為のっていうスタンスで 非常に狭い範囲でテニスを語るからであって 決して脱力が悪いとかって話じゃないんですけど 取り敢えず動画でどうぞ youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

未分類

2015/6/19

プロねざるをえないサーブ

サーブのプロネーションの行い方を説明しました。 参考にしてみて下さい。 プロネざるをえないサーブ テニス ブログランキングへ ポチッとクリックあざーっす!

Featured Video Play Icon

フォアハンドストローク

2020/10/30

フォアストロークでスピンをかける時注意する点

フォアストロークは一番使うショットです 気持ちよくガンガンに打ち続けたいです フォアの調子でテニスの調子が決まるんです 大事に作りこみたいです 器用なので余計な動きをしがちなので 捩じりと左手を使って 右手を正しい動作に誘導すれば 余計な動きを抑止できます     そんなフォアストロークを安定して打ち続けるのに必要なのが スピン! フォア側は器用なので手先で回転かけようとしがちですが 手首を動かす操作は怪我の元だしパワー・安定に欠けちゃいます 意図的なラケットダウンをする事なく デコピ ...

no image

未分類

2015/4/21

トアルソンの練習用ラケットにスマートセンサーを付けてサーブを打ってみた

トアルソンのsweet area racketに ソニースマートセンサーが付く雰囲気があったんです。 ストロークでデータを見ながら使用感を伝えようと思ったんですが スマートセンサーの充電が少なかった為か 撮ったはずのデータが無い・・・ 急遽来て打ってもらったのに・・・ ウォーミングアップがてらに撮ったサーブは撮れてたんで それをアップします。 サーブで使った感じは振り抜きが良くて打ちやすいです。 動画だとスイングスピードとボールスピードが低く出てますが 実際はそんなに低くないんじゃないかなって思いました。 ...

-未分類

© 2020 テニスと人を紡ぐ詩 Powered by AFFINGER5