未分類

スピンサーブの打ち方

労働者さんよりコメントを頂きました

こんばんは。以前、W大学の学生さんにサービスを見てもらった時に、その学生さんが、体が初めから開いているからその打ち方だとスライスサーブしか打てませんよ。と言われました。その時に何故体が初めから開いているとスライスサーブしか打てないのか聞けばよかったんですけど、何故なんでしょうか?。それと、体が開くのを我慢するとよく言われますけど、一体どこまで我慢すればいいのかよくわかりません。よろしくお願い致します。

体が開くとスイング方向が前になるのでスピンは打ちにくいです。

開きを我慢するってよりは

スイング方向に対して体を直角にする感じです。

実際は利き手側の方が前に出るんで直角より鈍角になります。

打ってる動画を見ると身体が開いてるように見えるんですが

それは肩が前に行ってるからなんです。

youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック


テニス ブログランキングへ
↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

←いつもポチッとクリックあざーっす!

こちらも見てね!

未分類

2015/4/8

スライスを使った戦術

戦術って複数を用意するから 駆け引きに使えるんです。 複数用意する為には複数に対応できる打ち方の習得が必要なんです。 複数の戦術に対応できるショットが 一つの打ち方で済んだら楽なんです。 楽だから実用性があるんです。 それが言いたかったんです。 youtubeサイトで見る場合はこちらをクリック テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

Featured Video Play Icon

サーブ バックボレー フォアハンドストローク フォアボレー 両手バックハンドストローク 片手バックハンドストローク

2020/10/15

回転量を上げるために知っておきべきこと

ラケットにはスイートエリアと呼ばれる飛びが良い場所があります ラケットの性能が出るところです そこを外すとラケットの性能が出ないので スイートエリアを正確に知っておく必要があります スイートエリアには更にピンポイントにボールをコントロールできる場所があるんです そこをスイートスポットとかって言います 今回の動画は ラケットの縦軸的にスイートスポットはどこか という話です 縦軸的にはど真ん中で打つのではなく 少しずらしたところで打ちます 一番適したところで当てると 飛びと回転量が段違いです スイートエリア内 ...

未分類

2015/2/28

あいつスゲーな・・・

上達する人としない人 強くなる人とならない人 明確に違いがあるんです。 テニスをやってて 段々上手くなってきます。 試合に出たいって思うようになったとします。 最初からは勝てません。 っていうか勝てない時期は長いです。 ちゃんとゲームが出来るようになるまでも長いのに 勝てるようになるまでも長いんです。 勝つのを目標にして頑張ってれば いつかは勝てるようになるんですけど そこまでの道のりは長いんです。 勝てるようになってくると 長いこと頑張ってきたので 勝てるようになった事に満足しちゃいます。 勝つ為に一生 ...

Featured Video Play Icon

サーブ

2020/11/2

サーブのトスアップ上達法

テニスで難しいとされるものの中で 常に上位にあるのが サーブのトスアップ ではないでしょうか 今回はそんなサーブのトスアップについての動画ですが 綺麗事抜きに 感覚を養う練習をするしかないんです フォームを整えるのも大事です リズムを整えるのも大事です でも、 指先の感覚を養わないで上達するっていうのは無いです 逆に、 感覚さえ養えてれば フォームやリズムなんてどうにでもなっちゃいます 遠くに投げるわけじゃないんで テクニックも重要じゃありません 感覚を養う練習さえすれば そこそこ上手く投げれるようになり ...

未分類

2015/2/19

前回の記事

前回ボレーをコンパクトにするって記事を書いたんですが youtubeのリンクを張ってなかったんで 2行だけの記事に見えた方もいたそうです。 どんだけやる気ねーんだよ! この記事は1分で読めます って1秒で読めるっつーの! みたいに感じた方もいたみたいなので 前回の記事と今回の記事にリンクを張っておきます。 youtubeはこちらから それにしてもこの動画 実物と比べると若干良い男っぷりが劣るのはいいとして 音が小さい・・・。 今マイクを探し中なんでもう少ししたら音が大きくなります。 の予定です。 ちなみに ...

-未分類

© 2020 テニスと人を紡ぐ詩 Powered by AFFINGER5