未分類

スライスサーブの打ち方

お久しぶりな感じになっちゃいました。

最近では動画を撮るのが楽しくなってきたんですが

なかなか時間が合わず撮れなくて^^;

さて

本日はスライスサーブの打ち方です。

先日(結構前になっちゃいましたが)頂いたコメントのお返事になります。

コメントはこちら

スライスサーブなのですが、、、

トロフィー時は、アドバイス通りに手の甲は上向きになるよう気をつけてます。
そこから何も考えずにおもい切り振ると、スィングスピードが今までと全く違う
速いスライスが打てるようになりました。

ですが、サーブがバックアウトしてしまうことがあります。アウトするときは、スライスかけたつもりが、
フラットぽい軌道になってしまってます。
もしかしたら、打つ瞬間にせっかく上向きにした手の甲がひらいてるのかなと思いました。

スライスサーブを打つときは、手の甲は開かないようキープしながら打つものなのでしょうか?
上手く伝えられてなかったら、ごめんなさい。

今回の動画では2種類のスライスサーブの説明をしています。

回転がかかり易い打ち方と

厚く当たり易い打ち方の2種類です。

厚く当たり易い打ち方がオーソドックスというか本格派というかなんですが

左利きのみっきーさんが相手バックハンド側に確実にコントロールしたい場合など

回転がかかり易い打ち方も使えると思いますので試して下さい。

youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック


テニス ブログランキングへ
↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

←いつもポチッとクリックあざーっす!

こちらも見てね!

Featured Video Play Icon

未分類

2020/9/12

スピンサーブ2 もう一つの打ち方

前回スピンサーブの打ち方をお伝えした際 こうじゃないんですよ! こうするんですよ! って言ってたこうじゃない方の打ち方を解説します。 正解不正解はないんです。 練習方法も紹介してるので参考にして下さい。 youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

Featured Video Play Icon

フォアハンドストローク

2020/10/8

フォアハンドストロークをシンプルテニスにする方法

おはようございます! テニスって 相手が打ってきた難しいボールを打ち返さないといけないんです なので、 スイングはなるべくシンプルにした方が安定につながります 今日のテーマ ・フォームが変わらないを利用したシンプルスイング ・使わざるを得ないように構える ・シンプルスイングに適したスタンス 合わせてこちらもチェック

Featured Video Play Icon

未分類

2020/9/12

なんちゃってスライスサーブについて

youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック 以前アップした動画にコメントを頂きました。 コメントで返信しようと思ったのですが 文章が長くなったので記事にします。 動作には2種類あります。 効率が良い動作と 効率が悪い動作です。 効率っていうのは テニスの競技性に合ってるかどうかって事になります。 テニスの競技性っていうのは ・最初の一球目でコントロール出来るか ・やり続ける事が出来るか ・体勢が悪い状態でも出来るか などなどです。 もっとスピードが出る打ち方があるよ ってなっても その打ち方がテ ...

Featured Video Play Icon

サーブ バックボレー フォアハンドストローク フォアボレー 両手バックハンドストローク 片手バックハンドストローク

2020/10/15

回転量を上げるために知っておきべきこと

ラケットにはスイートエリアと呼ばれる飛びが良い場所があります ラケットの性能が出るところです そこを外すとラケットの性能が出ないので スイートエリアを正確に知っておく必要があります スイートエリアには更にピンポイントにボールをコントロールできる場所があるんです そこをスイートスポットとかって言います 今回の動画は ラケットの縦軸的にスイートスポットはどこか という話です 縦軸的にはど真ん中で打つのではなく 少しずらしたところで打ちます 一番適したところで当てると 飛びと回転量が段違いです スイートエリア内 ...

未分類

2015/3/6

レディポジション2

テニスってシンプルで効率良くした方がいいんです。 構えからシンプルっちゃおうっていうのがこの動画です。 わからない事があったら聞いて下さい^^v youtubeサイトにはこちらから テニス ブログランキングへ

-未分類

© 2020 テニスと人を紡ぐ詩 Powered by AFFINGER5