未分類

トアルソンのsweet area racketにスマートテニスセンサーを付けて打った感想

トアルソンの小さい面の練習用ラケットに

スマートテニスセンサーを付けて打ってみました。

スピードには誤差があると思いますが

当たってるとこはちゃんと検知してると思います。

下にデータを貼っておきます。

通常使ってるラケットでのフォアハンドストロークのデータ
IMG_3427[1]

今回のフォアハンドストロークのデータ
IMG_3423[1]

今回のフォアハンドボレーのデータ
IMG_3425[1]

今回のバックハンドボレーのデータ
IMG_3426[1]

今回のバックハンドスライスのデータ
IMG_3424[1]


SONYスマートテニスセンサーをトアルソンのラケットに付けて打ってる動画はこちらをクリック


使った感想はこちらをクリック

結論:

・トアルソンsweet area racketを使うと良い練習になる。

・スマートセンサーを付けなくても良い練習になる。

・スウィートエリアに当たってる判定を更に細かく分析出来る(っぽい)

以上です。


テニス ブログランキングへ
↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

←いつもポチッとクリックあざーっす!

こちらも見てね!

Featured Video Play Icon

スマッシュ

2020/10/8

スマッシュ

おはようございます!   今日はスマッシュいきます 腕の使い方はほぼサーブですので 今回の動画は ポイント 構え方 動き方 この辺りがメインになります 腕の使い方はサーブの記事でご確認ください

未分類

2015/3/22

ダブルスの信頼関係

ダブルスだったら ペアとの信頼関係が必要なんです。 例えば ペアにチャンスボールが来たとします。 ペアがチャンスボールを相手が嫌がる所に打ってくれると思えれば ポーチに出よう!ってなるんです。 何で今のポーチに出てくれないの? とかって状況があったなら それって信頼されてないのかもです。 信頼は綺麗事じゃないんです。 足元に打つべき状況で 浮かしまくりじゃ信頼されないです。 クロスに打つべき状況で 唐突にストレートアタックしてちゃダメなんです。 チャンスを活かすには ペアとの連携が必要なんです。 ペアもチ ...

未分類

2015/6/16

ボレーをシンプルにする為の方法

ボレーって超シンプルなショットなんです。 なので構えもシンプルになる為の形がいいんです。 今回はその辺りの話です。 そして 試合では丁寧に打つ だったら練習でも丁寧に打て って事です。 練習は試合に合わせたものじゃないとダメなんです。 って事です。 youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

未分類

2015/4/13

サーブ時左手の動かし方

サーブを打つ時 左手はお腹に持ってくる とか 身体の開きを抑えるように使う とかっていうのはちょっとだけ違うんです。 動画でどうぞ youtubeサイトで見る場合はこちらをクリック テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

Featured Video Play Icon

バックボレー フォアボレー

2020/11/5

初心者にボレーを教えるときの注意点

フォアボレーのグリップを薄く握る これが出来るのが フォアボレーをシンプルにする第一歩になります 最初にボレーを習う際 薄く握るように指導を受けると思います でも、 厚く握った方がやりやすい みたいな 厚い握りで慣れてから直すのは大変なんです なので、 最初から薄い握りで打ちやすいと思わせることが大事になります 初心者に最初に教えるのはストロークになる事が多いです ストロークを教えるのも フォアボレーの握りの壁を低くさせるため っていうのを一番の目的にすると テニスの難しさを軽減させることが出来ます 初心 ...

-未分類

© 2020 テニスと人を紡ぐ詩 Powered by AFFINGER5