フォアボレー

フォアボレーは腕を振らずにスイングする

「ボレーは振らない」

的なことを昔は言われてました

打点にラケットをセットして当てるだけで飛ばす

みたいな

ラケットを打点にセットは

ある程度合ってます

でも、

面を打つ方向に向けてセットしちゃうと手首と肘をメインに使った打ち方になっちゃいます

手首と肘の曲げ伸ばしメインの動作を俗に

「手打ち」

っていうんです

面は打つ時に開きます

テイクバックは閉じた状態で完了です

そうすると

動作的にはスイングします

でも、

意識的にはスイングしないで打てるんです

「ボレーは振らない」

っていうのが振りながらできるんです

 

今回の動画は

振りながら振らない打ち方を解説します

 

 

 

←いつもポチッとクリックあざーっす!

こちらも見てね!

Featured Video Play Icon

フォアボレー

2020/10/28

打点の決め方をフォアボレーで解説します

よくあるのが 打点を場所で設定して その場所にボールが来たタイミングで打つ みたいな 悪くはないんですが もう少し合わせる感を無くしてシンプルにしたいです 打点の場所で力を入れるだけ ってなれば ボールが関係なくなります ボールに合わせる感が無くなるんです でも実際は ちゃんとボールに合わせて打てちゃいます 意識的にボールに合わせるのではなく 無意識に合わせる そんな感じです 逆に そうした方が合うんです 動作に意識が介入するほどパフォーマンスは落ちてきます 意識的にボールに合わせるっていうのは 動作に介 ...

Featured Video Play Icon

サーブ

2020/11/2

サーブのトスアップ上達法

テニスで難しいとされるものの中で 常に上位にあるのが サーブのトスアップ ではないでしょうか 今回はそんなサーブのトスアップについての動画ですが 綺麗事抜きに 感覚を養う練習をするしかないんです フォームを整えるのも大事です リズムを整えるのも大事です でも、 指先の感覚を養わないで上達するっていうのは無いです 逆に、 感覚さえ養えてれば フォームやリズムなんてどうにでもなっちゃいます 遠くに投げるわけじゃないんで テクニックも重要じゃありません 感覚を養う練習さえすれば そこそこ上手く投げれるようになり ...

未分類

2015/7/4

他人について考える

人って自分が出来る事には敏感なんです。 速いボールが打てる ミスを少なく安定させられる 足が速い とかが出来ると 俺ってこれがちゃんと出来るぜ! ってなります。 でも、 出来ない事もあるんです。 速いボールが打てるけど安定感がイマイチ ミスを少なく安定させられるけどボールに追いつけない 足が速いけど速いボールが打てない みたいな。 出来ない事には鈍感になりがちなんです。 出来ない事ばっかりで凄い気になる 鈍感なんかじゃいられない。 とかって言うかもですが 鈍感になる瞬間が確実にあるんです。 それは 自分が ...

未分類

2015/3/30

ストロークの打点

戦術の補足というか 戦術に必要な打ち方をするにはどうすればいいかというか ようは打点の話です。 youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック ダブルスの戦術1の動画が途中で途切れてる と言うご指摘を何名かに教えていただきました。 確かに途切れてる(゚Д゚;) 最初に教えていただいてから結構な時間が経っちゃってすいません。 必ず途切れた部分を元通りにしてUPします。 あと少しだけお待ちください。 テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

未分類

2015/2/19

サーブは手打ち

      サーブは手打ちでいいんです。 っていう事は・・・ サーブも背中までが腕なんです。 背中って言っても 利き腕側の半分です。 背中も腕だと思って振るんです。 背中からスイングする感じです。 手打ちっていうのは 意識的な話で 実際は体を使うんです。 無意識に体を使う状態を作る為に わざと手だけを意識する感じです。 手以外に意識がいかないように。     そもそも何で体を使うのか。 よりスイングスピードを上げる為に 効率良く体を使うんです。 じゃあ今全 ...

-フォアボレー
-, , ,

© 2020 テニスと人を紡ぐ詩 Powered by AFFINGER5