サーブ

初心者にサーブを教える時のやり方

初心者にサーブを教える機会があったら

最初から薄いグリップにした方が後々その人が苦しまなくて済みます

というわけで、

今回のテーマは初心者にサーブを教える方法です

前に打つので前に振ろうとしちゃうのが普通です

前に振るなら厚く握った方が分かりやすいんです

なので、

大抵の人が厚い握りからスタートします

そこを薄い握りに慣れるってだけで

今後のアドバンテージはでかいです

教える流れは

流れ

・ネットの近くで打つ

・横を向く

・薄い握りだと横向いて手を上げると面が打球方向に向く

・コブシを高く上げる

・高い打点でスイングせずに打つ

・打点でラケットを止める

・テイクバックを少し大きくする

・助走がつくようなテイクバックにする

・上記が出来たら段々下がる

こんな感じです

打点で止めて打つ感覚を養うと

打点後の腕の形を整えるだけで強い球が打てるようになっていきます

頑張って腕を動かすのではなく

動かさないで強く打つ感覚を養うのに役立つので

最初のうちに練習しとくのがお勧めです

ストロークとボレーの教え方は下記をご覧ください

Featured Video Play Icon
初心者にラリーが出来るまでを簡単に教える方法

今日は初心者にストロークを教える時のポイントをお伝えします コーチとしてテニスを伝えるようになって思うのは 「長くテニスを楽しんで欲しい」って事です テニスがこれだけ世界的に広まってるのは 程よく難し ...

続きを見る

no image
シングルス戦術

続きを見る

←いつもポチッとクリックあざーっす!

こちらも見てね!

未分類

2015/6/19

責任は自分で負う

周りの環境も含めて 今の自分の状況は 全部自分のせいなんです。 他人のせいにするのは簡単で その方が楽な感じがするかもです。 でも、 それじゃ本質的な解決はずっと出来ないままなんです。 他人は変わらないし 変えようとしちゃダメです。 変わらない他人のせいにしてたら 状況はいつまで経っても変わんないです。 自分の責任って思えれば 自分が変わればいいんです。 自分は変われるんです。 状況を変える為に何をすればいいか分かります。 状況を変える為の答えが出るんです。 他人のせいにしてるよりも よっぽど気持ちが楽に ...

Featured Video Play Icon

フォアハンドストローク

2020/10/28

フォアストロークの打ち分け毎の打点を自動調整する方法

打点を意識せずに最適な位置にするスイング方法を 前回バックハンド、前々回フォアボレーで解説しました 今回はフォアストロークです 基本はデコピンの打ち方です 腕が先行する際ラケットが遅れる時に生じる腕のねじりを 戻すのに力を入れて打つ っていうのがデコピンです 戻すラケットの角度を変えることによって 打ちやすい打点が変わります 打点が変わればコースを変えるのが簡単になります なので、 打点を意識するのではなく ラケットの角度を意識する事でコースを打ち分ける事ができます 微妙な打点の前後は 意識して打ち分けら ...

未分類

2015/4/6

縦ロブありきのセンター

デュースサイド側 縦ロブの次にくる作戦 そうです センターです。 そうなると 次回の戦術と今までの戦術に繋がりがあって 共通する打ち方が更に戦術の幅を広げて駆け引きを有利にさせる みたいな流れが見えてくるんじゃないかな的な。 youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック   テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

未分類

2015/7/1

ボレーの構えと心構えはこうします

ボレーの構えは状況に合わせて変えた方がいいんです。 例えば 2UPの前衛と後衛ではどちらもボレーをするんですが 役割が違います。 役割が違えばやる事も違います。 決めるボレーなのか繋げるボレーなのか的な感じです。 そこのところを動画で説明しています。 youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

未分類

2015/2/19

ようやく動画をUPしました

投稿:ミスの種類よりに書きました近々youtubeにアップします という言葉 ようやく実現できました。 詳しい記事と合わせてご覧下さい。 テニス ブログランキングへ ポチッとクリックあざーっす! 記事はこちら  

-サーブ
-

© 2021 テニスと人を紡ぐ詩 Powered by AFFINGER5