バックボレー フォアボレー

初心者にボレーを教えるときの注意点

フォアボレーのグリップを薄く握る

これが出来るのが

フォアボレーをシンプルにする第一歩になります

最初にボレーを習う際

薄く握るように指導を受けると思います

でも、

厚く握った方がやりやすい

みたいな

厚い握りで慣れてから直すのは大変なんです

なので、

最初から薄い握りで打ちやすいと思わせることが大事になります

初心者に最初に教えるのはストロークになる事が多いです

ストロークを教えるのも

フォアボレーの握りの壁を低くさせるため

っていうのを一番の目的にすると

テニスの難しさを軽減させることが出来ます

Featured Video Play Icon
初心者にラリーが出来るまでを簡単に教える方法

今日は初心者にストロークを教える時のポイントをお伝えします コーチとしてテニスを伝えるようになって思うのは 「長くテニスを楽しんで欲しい」って事です テニスがこれだけ世界的に広まってるのは 程よく難し ...

続きを見る

初心者にストロークを教えるのをバックストロークからにするのはそのためです

そのあたりを踏まえて

レッスンではこんな感じでボレーを教えています

 

ちなみに、

正しいコンチネンタルグリップの握り方はこちらをどうぞ

Featured Video Play Icon
コンチネンタルグリップの解説をしつつフォアボレー

コンチネンタルグリップの握り方って 曖昧な感じな人が多いです 手のひらに対してグリップをどう置くかっていう教科書はよく見るんですが 一番感覚が活きるのは指です 握るのは指です 指の感覚を使って握り方を ...

続きを見る

 

 

 

 

 

 

←いつもポチッとクリックあざーっす!

こちらも見てね!

未分類

2015/2/24

サーブで縦回転をかけるには

サーブで縦回転をかけて サービスボックス内に収まるようにしたいんです。 でも、 横回転になっちゃう人が多いんで 今回動画で解説しました。 縦回転をかける為に需要な要素の一つを説明してます。 youtubeサイトで視聴するにはこちらをどうぞ。 テニス ブログランキングへ ポチッとクリックいつもあざーっす!^^

no image

未分類

2015/4/14

脱力について

テニスで脱力するっていうのは ナイスショットで上手に打つ為のもので 僕が脱力を必要ないって言うのは 勝つ為のっていうスタンスで 非常に狭い範囲でテニスを語るからであって 決して脱力が悪いとかって話じゃないんですけど 取り敢えず動画でどうぞ youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

未分類

2015/3/16

スマッシュの移動の仕方 等

スマッシュの移動の仕方を説明した動画です。 かなりグダグダ感がありますが 決してやる気が無いって事じゃないです。 決して眠いとかでもないです。 やる気も気力も充実してます。 ただ グダグダ感は否めない感じな仕上がりになっちゃいました。 youtubeサイトで見る場合はこちら テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

未分類

2015/2/19

スマートセンサー 動画

スマートセンサーのライブモードで撮った動画を公開しました。 公開してもいいんだと思うんですけど 規約的なところはどうなんだろう・・・。 動画は選手コースの的当て練習に参加してるところです。 スイートスポットに当たってる時のボールスピードは ある程度正確なのかなって感じですが フレームショットの時は若干信頼できないかなと。 フレームに当たってフラフラ~って飛んでるのに 速度100km/hとかってなっちゃってます。 時間が経つにしたがって 右の表示とずれてくるのが気になります。 連続で打つテンポにはむかないの ...

未分類

2015/2/19

サーブは手打ち

      サーブは手打ちでいいんです。 っていう事は・・・ サーブも背中までが腕なんです。 背中って言っても 利き腕側の半分です。 背中も腕だと思って振るんです。 背中からスイングする感じです。 手打ちっていうのは 意識的な話で 実際は体を使うんです。 無意識に体を使う状態を作る為に わざと手だけを意識する感じです。 手以外に意識がいかないように。     そもそも何で体を使うのか。 よりスイングスピードを上げる為に 効率良く体を使うんです。 じゃあ今全 ...

-バックボレー, フォアボレー
-

© 2021 テニスと人を紡ぐ詩 Powered by AFFINGER5