サーブ バックボレー フォアハンドストローク フォアボレー 両手バックハンドストローク 片手バックハンドストローク

回転量を上げるために知っておきべきこと

ラケットにはスイートエリアと呼ばれる飛びが良い場所があります

ラケットの性能が出るところです

そこを外すとラケットの性能が出ないので

スイートエリアを正確に知っておく必要があります

スイートエリアには更にピンポイントにボールをコントロールできる場所があるんです

そこをスイートスポットとかって言います

今回の動画は

ラケットの縦軸的にスイートスポットはどこか

という話です

縦軸的にはど真ん中で打つのではなく

少しずらしたところで打ちます

一番適したところで当てると

飛びと回転量が段違いです

スイートエリア内に当てても

縦軸的に逆に当てるとミスショットになったりするので

どこに当てるべきかは知っておいた方がいいんです

ちなみにこの情報は

僕が20代後半の頃

職場で学生バイトコーチをしていた子から聞きました

 

あいつ天才だな

←いつもポチッとクリックあざーっす!

こちらも見てね!

Featured Video Play Icon

両手バックハンドストローク

2020/10/8

両手バックを楽に打つ

おはようございます! 今日のテーマ ・グリップチェンジ ・飛ばし方 ・低い打点 両手バックは片手より力が入るから ついつい腕力勝負になりがちですが 動きに制限があるので 意外と窮屈で打ちにくいショットなんです 頑張って腕を動かすことで飛ばそうとすると 逆にスピードが出ない なんてことになりがちです 楽できる飛ばし方を紹介しますので 是非動画をご覧ください!  

未分類

2015/6/13

ストロークは身体を回さない

前後の体重移動から回転運動に変わってきたストロークですが 回転もさせない方向っていうのもありなんじゃないかなと。 今回はそんな内容になってます。 youtubeサイトで見る場合はこちらをクリック テニス ブログランキングへ ↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

未分類

2015/2/24

サーブで縦回転をかけるには

サーブで縦回転をかけて サービスボックス内に収まるようにしたいんです。 でも、 横回転になっちゃう人が多いんで 今回動画で解説しました。 縦回転をかける為に需要な要素の一つを説明してます。 youtubeサイトで視聴するにはこちらをどうぞ。 テニス ブログランキングへ ポチッとクリックいつもあざーっす!^^

Featured Video Play Icon

フォアハンドストローク

2020/10/12

フォアストロークの使い勝手が最上級の打ち方

テニスの基本 1.アウトする要素をフォームから無くす 2.調整せずに一球目からちゃんと打てる 3.ごまかしを効かせられる この3つが基本です フォアハンドストロークにおいて 上記3つを兼ね備えた打ち方が 縦振り っていう打ち方になるんです バギーホイップ(ウィップ)とかウインドミルとも呼ばれてます 凄く使い勝手が良いいので 縦振りのみでフォアを構成してもいいくらいです 今は補助的な立ち位置にいる縦振りですが 近い将来メインの打ち方になるんじゃないかと思ってます 打ち方のポイントは 1.止めで飛ばす 2.肘 ...

Featured Video Play Icon

サーブ

2020/10/8

サーブの基本はスピンサーブ

おはようございます! 今日は テニスにおける最大のテーマ サーブ です 振ったラケットにボールが当たれば飛んでいくので 打ち方に拘らなければ打てない事はないんですが 注意ポイント サーブは打つコースが小さいんです だからコントロールが重要になります コントロールというのは主に ポイント 短く打つ技術 の事なんです ということは 縦回転をかける技術が必要になります なので 最終目的地をスピンサーブにする必要があるんです スピンサーブに繋がる動きはサーブの基本になります 今回の動画も目指せスピンサーブをテーマ ...

-サーブ, バックボレー, フォアハンドストローク, フォアボレー, 両手バックハンドストローク, 片手バックハンドストローク
-, ,

© 2021 テニスと人を紡ぐ詩 Powered by AFFINGER5