反動を使ったスイング サーブ編

この記事は1分で読めます

動画解説

前回はフォアハンドストロークの反動を使ったスイングでしたが

今回はサーブです。

フォアハンドストロークと同じような感じなので

ざっくりな説明になってます。

ラケットの先端を打つ方向に向けて

一気にスイング!

ラケットの先端を前に向けると手の甲は上を向きます。

youtubeのサイトに行って動画を見るにはこちらをクリック


ポチッとあざーっす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 動画解説
  2. 動画解説
  3. 動画解説
  4. 動画解説
  5. 動画解説
  6. e7f2976bce247a705a4ebaa8e6e962e3
    • 労働者
    • 2015年 2月20日

    こんばんは。バックスィングをしに行った時に、ラケットヘッドがかなり落ちていると、より強い反動を得られると思いますが、ラケットヘッドのダウンの深さについては生徒さんには何も言いませんか?。以前、大学のテニス部の学生さんにラケットヘッドがあまり落ちないうちにボールを打ちに行ってしまうので、聞いてみたら、「ラケットヘッドを落とし過ぎるとボールを捉えるタイミングが難しくなりますよ」と言っていました。ラケットの反動を利用するからあまりラケットヘッドを落とすのは気にしなくていいんでしょうか?。

      • パパイヤ
      • 2015年 2月21日

      労働者さん

      了解しました。
      とりあえず気にしなくていいです。
      詳しくは後日記事にしますね!

        • 労働者
        • 2015年 2月21日

        ありがとうございます

          • パパイヤ
          • 2015年 2月23日

          こちらこそありがとうございまーす!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。