あいつスゲーな・・・

この記事は2分で読めます

fede

上達する人としない人

強くなる人とならない人

明確に違いがあるんです。

テニスをやってて

段々上手くなってきます。

試合に出たいって思うようになったとします。

最初からは勝てません。

っていうか勝てない時期は長いです。

ちゃんとゲームが出来るようになるまでも長いのに

勝てるようになるまでも長いんです。

勝つのを目標にして頑張ってれば

いつかは勝てるようになるんですけど

そこまでの道のりは長いんです。

勝てるようになってくると

長いこと頑張ってきたので

勝てるようになった事に満足しちゃいます。

勝つ為に一生懸命練習してたのが

いつの間にか

勝てるようになった自分を確かめる練習になっちゃうんです。

いやいや

そうはならないよ

って声が聞こえてきそうですが

そうなる人は多いんです。

ようやく勝てるようになった事に対しては賞賛します。

でも、

ようやく勝てるようになった人達の中で勝っただけなんです。

勝った中には

まだ勝てない状態の人達もいるんです。

勝つって事のスタートラインに立っただけなんです。

スタートラインの向こう側には

もっと勝つ人達がいるんです。

その中に入っちゃうと

また勝てない日々が始まります。

長い時間をかけてようやく勝てるようになったから

勝てるところでテニスがしたいんです。

勝てないところでテニスをやるのが苦しくなっちゃいます。

知らないうちはよかったんです。

勝つって事を知っちゃうと

そこから離れたくなくなっちゃうんです。

初級レベルってカテゴリの大会(注)に

お前初級じゃねーだろ!

って人をよく見かけるのはそういう事なんです。

強くなる人は違います。

勝てるようになったら

ランクを上げて勝てない場所に行くんです。

勝てないからがむしゃらになります。

やってるうちに勝てるようになるんです。

そしたらまた勝てない場所に身をおく

みたいな。

強い人はがむしゃらです。

ストイックです。

だからもっと強くなれるんです。

努力は報われるなんて言わないです。

なかなか報われないから努力するんです。

すぐ報われるなら努力なんかいらないんです。

ひたむきにブレる事なく一直線に進んでいくと

周りの反応が変わるってきます。

「あいつまたあんな事やってるよ」的な感じから

「あいつすげーな・・・」って感じになるんです。

「あいつテニス強いな」って言われてるうちはまだまだです。

強いか弱いかじゃないんです。

生き方の問題なんです。

せっかく楽しいテニスっていうスポーツに出会って

勝ちたいって強く思ったんだったら

そういうストイックなのもいいんじゃないかなって感じです。


テニス ブログランキングへ
いつもポチッとあざーっす!

(注)初級レベルの大会:テニスの初級じゃなくて試合の初級っていう意味です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 39760325_477x636
  2. youtube1
  3. 動画解説
  4. YouTube_logo_2013_svg
  5. yjimage2222
  6. 動画解説
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。