サーブは手打ち

この記事は2分で読めます

20140128_34312

 

 

20140128_34312

 

サーブは手打ちでいいんです。

っていう事は・・・

サーブも背中までが腕なんです。

背中って言っても

利き腕側の半分です。

背中も腕だと思って振るんです。

背中からスイングする感じです。

手打ちっていうのは

意識的な話で

実際は体を使うんです。

無意識に体を使う状態を作る為に

わざと手だけを意識する感じです。

手以外に意識がいかないように。

 

 

そもそも何で体を使うのか。

よりスイングスピードを上げる為に

効率良く体を使うんです。

じゃあ今全力でスイングしてるのかと。

今加減してスイングしてる状態だったら

効率良く体を使えるようになっても

今のスイングスピードに合わせる加減をしちゃうんです。

今アクセル全開ならいいんです。

そうじゃないんだったら

F1に乗っても速く走れないです。

今が重要なんです。

現状が限界じゃないと次に行けないです。

今を限界にしちゃって下さい^^v


テニス ブログランキングへ

ポチッとクリックして頂きありがとうございまーす!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTube_logo_2013_svg
  2. 動画解説
  3. 動画解説
  4. 動画解説
  5. 動画解説
    • 労働者
    • 2015年 2月3日

    こんばんは。最近になってふと思ったんですけど、スピンサーブってラケットをボールの下から左上にこすり上げるじゃあないですか。ボールを捉える瞬間に厚く当てないと、ボールがバウンド後に伸びて行かないような気がしますが
    どうなんでしょうか?。厚く当てすぎるとボールは飛び過ぎるから、その辺りはうまく当たり具合を調整するものなのでしょうか?。テニス雑誌のサービス特集を何冊も読んでも、ボールを下から上にこすり上げるは記載されていますがボールを捉える当たりの強さはどうなんだろう?ボールを厚く捉えれば、スピードも当然増すだろうし。薄いあたりだと、バウンド後は失速するだろうし。その時の状況によって厚く捉えたり、薄く捉えるんでしょか?。

    • パパイヤ
    • 2015年 2月3日

    労働者さん

    了解です!
    次回の記事にします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。