練習の為の練習

この記事は1分で読めます

yjimage2222

例えば

クロスラリーをしてるとします。

スピンがかかったナイスなボールが打ちたいぜ!

そんなナイスなボールを打つ為に一生懸命な感じです。

ナイスなボールが打てたら「ヨッシャー!」ってなるんです。

これって練習の為の練習です。

試合でナイスなボールが打てても

ポイントが決まらなきゃ「ヨッシャー!」とはなんないです。

ナイスなボールを打って相手を苦しめて

間髪入れずに更に攻めて

相手に主導権を与えずに決めきる。

そしたら「ヨッシャー!」なんです。

練習中にそれやってますか?

なるべく長くラリーが続くように打ち合う。

試合でそんな事やってるんですか?

相手がミスるのをひたすら待つテニスもあります。

それが出来れば強いです。

でも、

大抵攻めてって決めるかミスるか

みたいな。

そうなんです

試合でやる事を練習中に徹底してないんです。

全くやってないとは言いません。

徹底してやってないんです。

攻めるのもメンタルを消耗するんです。

練習中プレッシャーがかかる状況を作って

その状況下で攻める。

ただバンバン打つんじゃないです。

そういう練習をしてるから

普段通りのテニスが勝つ為のテニスになってるんです。

試合前に

「普段通りにやれば大丈夫!」

とかって言いますが

普段が勝つ為のテニスになってなかったら

普段通りにやったら負けちゃいます。

練習の為の練習になってないでしょうか。

試合の為の練習になってますでしょうか。

練習と違う事をするのは経験不足の状態です。

それってメンタルの消耗激しいです。

メンタルも体力同様消耗が激しいと回復しないです。

練習のやり方って大事なんです。


テニス ブログランキングへ
↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

画像と本文の内容は全く関係ないです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 動画解説
  2. 動画解説
  3. 動画解説
  4. 動画解説
  5. 動画解説
  6. youtube1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。