サーブのラケットダウンについて

この記事は1分で読めます

動画解説

昨日の続きです。

ラケットダウンのタイミングが分からないとの事ですが

ラケットダウンのタイミングは考えなくていいんです。

ラケットダウンを意識するとぎこちないスイングになっちゃいます。

トロフィーポーズから一気に打点に向かってスイングです。

youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック

分かりにくかったら遠慮なく言って下さいね^^v


テニス ブログランキングへ
↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kangaenai1
  2. fede1212
  3. 動画解説
  4. 動画解説
  5. 動画解説
  6. 動画解説
    • みっきー
    • 2015年 10月10日

    パパイヤさん、こんにちは。

    ようやくサーブが少し様になってきた、みっきーです。

    ラケットダウンは意識しないことと、打点を高くするための練習みっちり行い、改善傾向にあります。

    初めて相談させてもらってからしばらくたちますが、明らかにフォルトの数が減り、
    威力もグンとあがりました。まだまだ安定して打ててはいませんが、大分良くなってきた実感があります。

    ですが。。。
    毎度申し訳ありません。新たな行き詰まりが発生したので相談させてください。

    気になっているのが、足です。
    ラケットワークは徐々に理解しつつあるのですが、よく聞く足からのパワーの連動が皆無に近いです。
    手の動きに気を取られ、足が棒立ち状態。と、仲間にいわれてしまいました。

    膝を曲げるタイミングと、どれくらい曲げるのか、地面からのパワーの連動等が理解できていない感じです。
    意識的に膝を曲げようと思えば曲がるのは当然ですが、自然な感じでなく、
    逆にリズムが狂ってしまいサーブが難しくなる感じです。

    毎度、説明下手で申し訳ありませんが、助言の程よろしくおねがいします。

      • パパイヤ
      • 2015年 10月11日

      みっきーさん

      こんにちは!
      了解です。
      フォームが崩れない程度
      でも下半身をちゃんと使う
      これをコンセプトにお伝えしますね^^v

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。