なんちゃってスライスサーブについて

この記事は2分で読めます

youtubeサイトで視聴する場合はこちらをクリック

以前アップした動画にコメントを頂きました。

コメントで返信しようと思ったのですが

文章が長くなったので記事にします。

動作には2種類あります。

効率が良い動作と

効率が悪い動作です。

効率っていうのは

テニスの競技性に合ってるかどうかって事になります。

テニスの競技性っていうのは

・最初の一球目でコントロール出来るか

・やり続ける事が出来るか

・体勢が悪い状態でも出来るか

などなどです。

もっとスピードが出る打ち方があるよ

ってなっても

その打ち方がテニスの競技性に合ってなければ

それは効率が悪い打ち方って事になっちゃいます。

そして動作にはもう2種類あります。

やり易い動作とやりにくい動作です。

例えば片手バックハンドストロークだと

ボールを押すのはやり易い動作です。

何も言わなければ

最初は皆押して打つと思います。

でもそれだとテニスの競技性に合わない部分が出てきます。

なので

やり易いけど効率が悪い打ち方ってなります。

スライスサーブの話に戻りますが

リンゴの皮むきスライスは

やり易いけど効率が悪い動作になるんです。

もちろんリンゴの皮むきスライスが悪いとかって事じゃないです。

効率が悪い=弱いテニス

なんて事はないからです。

そのサーブでポイントが取れれば何の問題もないんです。

ただ、

もう一方のスライスサーブの方が

効率が良い打ち方ではあるんで

なんちゃってスライスはリンゴの皮むきサーブになります。

テニスはポイントを奪い合うスポーツです。

ラケットにボールを当てて返球してれば

どんな打ち方でもルール的に問題ないんです。

綺麗なフォームでも

ポイント取れなきゃ負けちゃいます。

不格好なフォームでも

ポイント取れれば勝てるんです。

スポーツっていうのは

ルールに則って勝負をし勝敗を決めるものなんです。

厚い握りでボレーを打っても強ければいいんです。

コンチで握った綺麗なサーブでも弱いとまずいんです。

テニスっていうのはスポーツで勝敗を決めるゲームなんで

勝てる要素が少ないと楽しくゲーム出来ないです。

勝つ為にやるべき事と

世間一般に言われてる正しいフォームは違う場合があるんです。

そういった意味で

打ち方的に正しいとされてるスライスサーブはプロネーションを利かせた打ち方になります。

リンゴの皮むきスライスは

打ち方的にはなんちゃってスライスになります。

っていうわけで何とも歯切れが悪い返答になっちゃいましたが

分からない事があったらコメント頂ければ

遅くなるかもですが回答しまーす!


テニス ブログランキングへ
↑いつもポチッとクリックあざーっす!↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 動画解説
  2. 動画解説
  3. 動画解説
  4. 16federerwarinkajoy
  5. youtube1
  6. 動画解説

    2015 03.09

    アプローチ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。