スピンサーブについて

この記事は2分で読めます

yjimageZJXZZVGQ

yjimageZJXZZVGQ

コメントを頂きました

こんばんは。最近になってふと思ったんですけど、スピンサーブってラケットをボールの下から左上にこすり上げるじゃあないですか。ボールを捉える瞬間に厚く当てないと、ボールがバウンド後に伸びて行かないような気がしますが
どうなんでしょうか?。厚く当てすぎるとボールは飛び過ぎるから、その辺りはうまく当たり具合を調整するものなのでしょうか?。テニス雑誌のサービス特集を何冊も読んでも、ボールを下から上にこすり上げるは記載されていますがボールを捉える当たりの強さはどうなんだろう?ボールを厚く捉えれば、スピードも当然増すだろうし。薄いあたりだと、バウンド後は失速するだろうし。その時の状況によって厚く捉えたり、薄く捉えるんでしょか?。

 

こんばんは!

コメントありがとうございます!

スピンサーブについてですが

こすり上げると軌道が高くなります。

軌道が高いからバウンド後高く跳ねます。

そして、

コメントに書いてある通り

厚く当てると勢いが出て飛び過ぎて

薄くすると回転量が増えるが伸びがない。

なら、どうやって当てる強さを決めるのかという事ですが

バランスの良いところを探すんです。

自分が納得するスピードを出した時

サービスボックス内に収まる高さの軌道。

もしくは

自分が納得する跳ねの高さで打った時

サービスボックス内に収まる当たりの厚さ。

軌道とスピードを決めると

当てる厚さが決まってきます。

ちなみに厚く当てて打つなら

当てる瞬間こすり上げるイメージではなくて

スイング軌道はそのままで(こすり上げざるを得ないスイング軌道)

回転量を少なくします。

スピンサーブをガッツリ打つぜ!

っていうフォームでフラットサーブを打つ感じです。

こすり上げる感じだと

ボールに対して上に向かってラケットが抜けていきます。

厚く当てるなら

下からガッツリこすり上げるフォームは変わらず

ボールの上をラケットが打球方向に抜けていきます。

動作をイメージさせる説明になっちゃっといてなんですが

体の動きを意識するんじゃなくて

下から振り上げるフォームで

こすり上げずにフラットに当てる。

こんな感じがいいと思います。

実際やってみて新たな疑問があったら

何度でも質問待ってますね~^^v


テニス ブログランキングへ
ポチッとクリックしていただきありがとうございまーす!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 動画解説
  2. 動画解説
  3. 動画解説
  4. 1294833718
  5. kangaenai1
    • 労働者
    • 2015年 2月4日

    こんばんは。わかりやすい説明どうもありがとうございました。ダブルフォルトと恐れてセカンドサーブは薄いあたりのスピンサーブなんですけど、これだとボールがバウンドした後に失速してフォアに回り込まれて打ち込まれちゃうんですよ。だからもっとスピードを出すために厚く当てた方がいいのかなあと。「バランスの良いところを探す」んですね。テニス雑誌にここまで説明してくれているのはなかったはずです。どうもありがとうございました。

      • パパイヤ
      • 2015年 2月4日

      こんばんは!

      とんでもないです
      いつでもコメント下さい
      今動画を使った記事の作成を準備してます
      より分かりやすい説明を目指します

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。