反動を使ったスイング

この記事は1分で読めます

YouTube_logo_2013_svg

 

自分的によく使うワードの反動

これを今回は説明したいと思います。

二度引きって事にもなんですけど

すんごい大事な要素なんです。

わからない事等ありましたら

コメント頂けると嬉しいです^^b

youtubeへ移動する場合はこちら


ポチッとクリックあざーっす!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 動画解説
  2. 動画解説
  3. 動画解説
  4. 動画解説
  5. 動画解説
  6. 動画解説
    • 労働者
    • 2015年 2月17日

    ボールのスピードが速かったり、回転がもの凄くかかっているとボールを打ちに行く前にさらにラケットをひくと打点が遅れて当たりそこないとかボールのコントロールができなくなってしまうので、ボールが地面に落ちる前にテイクバックを完了させてそこから打ちに行きます(つまり2度引きはしない)。ラケットの2度引きはすんごい大事ですか?。

      • パパイヤ
      • 2015年 2月17日

      労働者さん

      了解です。
      次回のテーマにしますね^^v

        • 労働者
        • 2015年 2月17日

        ありがとうございます。スイングスピードが物凄く早いとか、常にスィートスポットでボールを捉えられるテニスセンスがあれば、どんな球種のボールにでも2度引きでも可能だと思いますが。

          • パパイヤ
          • 2015年 2月17日

          労働者さん

          2度引きっていう僕の表現が分かりにくくしちゃってるんです。
          ちゃんと説明しますね^^b

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。