自己紹介

始めまして、パパイヤです。

ここでは僕の自己紹介をしたいと思います。

 

小学校の頃は野球少年で、将来プロ野球選手になりたいって思ってました。

中学校に上がる直前の3月に、一度は野球以外のスポーツもやったら?と親に言われて試しにテニスをしたんです。

そしてらテニスの面白さに強力な一目惚れをしちゃいました。

もともと野球をやってても、自分の打席が回ってくるまでの間が待ち遠しくて

守備でもピッチャー・キャッチャー・内野・外野全部を自分一人でやりたいって思う子供だったんです。

初めてやった個人競技、ラケットでボールをぶっ叩く快感、自分だけのフィールド。

まさに運命の出会いってやつです。

というわけで中学から始めたテニスですが、就職は一般企業にお世話になって趣味でテニスを続けようって思ってました。

テニスコーチになろうなんて事は全く考えてなかったです。

でも、

サラリーマンをやりながらテニスを続けてはいましたが、もっと深くテニスと関わりたいって気持ちが抑えきれず

退社してテニスコーチになっちゃいました。

テニスコーチをやり始めて思ったのが

テニスをやるのは簡単でしたが、教えるってのは難しい。

試行錯誤しながら勉強してるうちに、何とか上手く打たせる事は出来るようになってきました。

テニスを上手くさせる事に自信がついてきました。

でも逆に大きな壁も感じてました。

上手くさせる事は出来るようになってきたけど、生徒が試合で勝てない。

試合で勝つって事を体系化して勝つ事に特化したレッスンが出来ないだろうか。

いろいろ考えてるうちに、一般的に言われてる教え方じゃ勝てるようになるのが難しいって結論になったんです。

そこからは早かったです。

自分なりにテニスっていうスポーツを考え直して教え方も変えました。

テニス的に常識って言われてるものを見直すと

理に適ってないものが多い事が分かりました。

それらを見直してレッスンをやったら少しづつ生徒が勝てるようになりました。

まだまだ勉強は終わりませんが、このブログで僕のメソッドを伝えていきます。

どうぞよろしくお願いします。

RETURN TOP

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。